外国人技能実習制度

技能実習制度とは

外国人技能実習制度は、日本の企業において発展途上国の若者を技能実習生として受け入れ、実際の実 務を通じて実践的な技術や技能・知識を学び、帰国後母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした 公的制度です。 一般的に受け入れ可能職種に該当する企業様は、当組合のような監理団体を通じて技能実習生を受け入 れることができます。入国した実習生は、実習実施機関(受入れ企業様)と雇用関係を結び、実践的な能力 を高めるために3年間の技能実習にはいります。

APE国際人材育成協同組合が実習生を受けて入れている国

現在は「中国」「ネパール」「ベトナム」の3ヵ国から実習生を受けれ入れております。
各国の実習生は下記のような特徴があり、特性に合わせてご案内をさせて頂いております。
 
中国 ・特性は現在準備中です。
ネパール ・特性は現在準備中です。
ベトナム ・特性は現在準備中です。

まずはお気軽にご相談ください

APE国際人材育成協同組合では受け入れが可能か、そもそも受け入れが最適かどうかからご相談頂けます。まずはお気軽にお問い合わせください。

実習生受入れが最適かどうかからお気軽に相談いただけます

メニュー

APE国際人材育成協同組合

〒276-0023
千葉県八千代市勝田台1丁目17番地2号 福島ビル4階

047-485-8895

平日9:00~18:00

PAGE TOP